【最新トレンドから選ぶ!】マウンテンバイクフロントサスペンションの徹底比較と選び方ガイド

マウンテンバイクのフロントサスペンションについて知っておきたいこと

マウンテンバイクには、様々な種類のフロントサスペンションがあります。

フロントサスペンションとは、前輪に取り付けられたスプリングとダンパーのことで、地面の凹凸に合わせて前輪を上下させることで、乗り心地や制御性を向上させる役割を果たします。

フロントサスペンションは、マウンテンバイクの性能や特徴に大きく影響する部分なので、自分の用途や好みに合ったものを選ぶことが重要です。

この記事では、マウンテンバイクのフロントサスペンションの基本的な構造と機能、特徴や性能、メーカーや価格の近いモデルの比較まで詳しく解説します。

また、マウンテンバイクのカテゴリーごとに、使用するサスペンションの種類について説明します。


ROCKSHOX/ロックショックス JUDY シルバー 27.5 9mm QR 1-1/8 120mm

フロントサスペンションの構造と機能

フロントサスペンションは、大きく分けてスプリングとダンパーの二つの要素からなります。

スプリングは、空気圧や金属のコイルによって弾力性を持ち、前輪にかかる衝撃を吸収します。

ダンパーは、油圧や空気圧によって摩擦力を発生させ、スプリングの動きを制御します。

スプリングとダンパーは、伸びる方向と縮む方向のそれぞれに作用するので、伸び側と縮み側と呼ばれます。

伸び側は、前輪が地面から離れるときに作用し、縮み側は、前輪が地面に接触するときに作用します。

伸び側と縮み側のバランスが良いと、フロントサスペンションはスムーズに動き、快適で安定した走行ができます。

フロントサスペンションは、スプリングとダンパーを収めた筒状の部品であるスタンションと、前輪を固定する部品であるロアに分かれます。


ROCKSHOX/ロックショックス PIKE SELECT 2023 29 44offset RC 140mm Black サスペンションフォーク

スタンションとロアは、伸縮するように連結されており、ロアの下部にはブレーキやホイールを取り付けるためのアクスルがあります。

スタンションの上部には、ステアリングを操作するためのハンドルバーを取り付けるためのステムがあります。

スタンションとステムの間には、サスペンションの動きを調整するためのノブやレバーがあります。

これらのノブやレバーは、ばねの硬さやダンパーの抵抗力を変えることができます。

また、サスペンションの動きを止めることもできます。

これをロックアウトと呼びます。

ロックアウトは、平坦な路面や登り坂で、サスペンションの動きによるエネルギーロスを防ぐために使われます。


ROCKSHOX/ロックショックス RECON シルバー TK 26 1-1/8 9mm QR 100mm

フロントサスペンションの性能や特徴は、スプリングとダンパーの種類や品質、スタンションやロアの太さや長さ、アクスルの形状やサイズなどによって決まります。

一般的に、高価なフロントサスペンションほど、高性能で高機能であると言えます。

しかし、高価なフロントサスペンションが必ずしも自分に合っているとは限りません。

自分の走るコースやスタイル、レベルや目的に応じて、適切なフロントサスペンションを選ぶことが大切です。


特徴や性能について詳しく解説

フロントサスペンションの特徴や性能について、より詳しく解説します。

まず、エアスプリングとコイルスプリングの違いについて説明します。

エアスプリング

エアスプリングは、空気圧によってばねの硬さを調整できるので、自分の体重や好みに合わせてカスタマイズできます。

また、軽量で高感度であるので、小さな衝撃にも反応します。

しかし、空気圧が低下すると性能が低下するので、定期的なメンテナンスが必要です。


サスペンション フロントサスペンション FOX フロントサスペンション TALAS カシマコート 185/26インチ/ポストマウント – 中古

コイルスプリング

コイルスプリングは、金属のコイルによってばねの硬さが決まるので、カスタマイズにはコイルの交換が必要です。

また、重量が重く、感度が低いので、大きな衝撃に対応します。

頑丈で耐久性が高く、メンテナンスが簡単です。

エアスプリングとコイルスプリングの選択は、自分の走り方や好みによって異なりますが、一般的に、エアスプリングは、軽快さや操作性を重視するクロスカントリーやトレイルに向いており、コイルスプリングは、安定性や耐久性を重視するオールマウンテンやダウンヒルに向いています。


FOX 38 ファクトリーシリーズ サスペンションフォーク – 29インチ、180mm、15QR x 110mm、44mm オフセット、シャイニーブラック、グリップ2

トラベル量

トラベル量とは、サスペンションが伸び縮みする最大の長さのことです。

トラベル量は、マウンテンバイクのカテゴリーによって違います。

一般的に、下り坂を中心に走るカテゴリーでは、トラベルが多くなります。

逆に、上り坂や平地を中心に走るカテゴリーでは、トラベルが少なくなります。

ダウンヒルバイクは下り坂を走り、タイムの速さを競う競技用のバイクで、最もトラベルが多いです。フロントとリアのサスペンションのトラベル量は、それぞれ200mm以上になります。

クロスカントリーバイクは山の中を駆け抜ける競技用のバイクで、上り坂や平地を効率よく走ることに主眼が置かれています。フロントとリアのサスペンションのトラベル量は、それぞれ80mm〜120mm程度になります。


超軽量アルミニウム合金 マウンテンバイクフォーク 26 27.5 29インチ MTBサスペンションフォーク、 1-1 / 8 ” 自転車エアフォーク 140mmトラベル 自転車フロントフォーク (色 : Remote lock A, Size : 26 inch)

トレイルバイクは山を楽しむためのバイクで、上り坂も下り坂もバランスよく走ることができるオールラウンドなタイプのバイクです。フロントとリアのサスペンションのトラベル量は、それぞれ130mm〜160mm程度になります。

エンデューロバイクは1日に複数の下りセクションを走り、その合計タイムの速さを競う競技用のバイクです。トレイルバイクよりも下り性能に特化しつつも、上り坂もある程度楽に上れるように設計されています。フロントとリアのサスペンションのトラベル量は、それぞれ150mm〜180mm程度になります。


MTBフロントサスペンションフォーク 26 / 27.5 / 29インチ、 超軽量 マグネシウム合金 エアショックアブソーバーフォーク リモートロックアウト トラベル120mm (色 : C, Size : 26 inch)

以上のように、トラベルはマウンテンバイクのカテゴリーによって違います。

自分の好みや目的に合わせて、適切なトラベル量のサスペンションを選ぶことが大事になります。

次に、ダンパーの種類や機能について説明します。


ダンパーの種類や機能について

高速と低速は、サスペンションの動く速度のことで、高速は、大きな衝撃や急な動きに対応し、低速は、小さな衝撃やゆっくりな動きに対応します。

高速と低速の調整機能は、サスペンションの動きを細かくコントロールできるので、走行性能や快適性を向上させます。

しかし、調整機能が多いほど、設定が複雑になります。

ダンパーには、油圧式と空気圧式の二種類があります。

油圧式

油圧式は、油の流れを制御することで摩擦力を発生させます。

油圧式は、感度が高く、細かな路面の変化にも対応できます。

しかし、油の温度が上がると性能が低下するので、冷却機能が必要です。


MANITOU MASTODON COMP フォーク 191-35528-A602 26インチ 120mm 延長 51mm オフセット マットブラック

空気式

空気圧式は、空気の圧力を制御することで摩擦力を発生させます。

空気圧式は、軽量でメンテナンスが簡単です。

しかし、感度が低く、大きな衝撃には弱いです。

ダンパーの選択は、自分の走り方や好みによって異なりますが、一般的に、油圧式は、感度や反応性を重視するトレイルやオールマウンテンに向いており、空気圧式は、軽量さやメンテナンス性を重視するクロスカントリーやダウンヒルに向いています。


Manitou Mezzer Pro 27.5インチ フォーク 180mm 37mmOS 15x110mm ブラック

マウンテンバイクのカテゴリーごとで、使用するサスペンションの種類の説明

マウンテンバイクには、走るコースやスタイルによって、いくつかのカテゴリーがあります。

それぞれのカテゴリーには、使用するサスペンションの種類や特徴が異なります。

ここでは、代表的なカテゴリーとそのサスペンションの種類を説明します。

クロスカントリー(XC)

クロスカントリーは、山や森などの自然の中で、登りや下りを繰り返すようなコースを走るカテゴリーです。

クロスカントリーでは、軽量さやペダリング効率、操作性が重要です。


MANITOU 34mm Low FRIC シールキット 34mm MATTOC MASTODON MAGNUM

そのため、使用するサスペンションは、軽量で高効率なエアスプリングと、低速の調整機能を持つ油圧式や空気圧式のダンパーを採用したものが多いです。

また、ロックアウト機能も必須です。

トラベルは、80mmから120mm程度のものが一般的です。

スタンションの太さは、32mmから34mm程度のものが多いです。

アクスルは、軽量で高剛性の15mmのスルーアクスルが主流です。


Manitou Circus Expert サスペンションフォーク – 26インチ、130mm、20 x 110mm、41mmオフセット、グロスブラック、ストレートステアリング。

トレイル(TR)

トレイルは、クロスカントリーよりも難易度の高いコースを走るカテゴリーです。

トレイルでは、快適性や安定性、反応性が重要です。

そのため、使用するサスペンションは、高感度で高反応性のエアスプリングと、高速と低速の調整機能を持つ油圧式のダンパーを採用したものが多いです。


Manitou Circus Pro サスペンションフォーク – 26インチ 130mm 15 x 100 mm 44mm オフセット マットブラック

ロックアウト機能は、あってもなくても良いです。

トラベルは、120mmから140mm程度のものが一般的です。

スタンションの太さは、34mmから36mm程度のものが多いです。

アクスルは、高剛性の15mmや20mmのスルーアクスルが主流です。


Manitou Circus Expert サスペンションフォーク – 26インチ 100mm 20 x 110mm 41mm オフセット グロスホワイト ストレートステアラー

オールマウンテン(AM)

オールマウンテンは、トレイルよりもさらに難易度の高いコースを走るカテゴリーです。

オールマウンテンでは、耐久性や信頼性、制御性が重要です。

そのため、使用するサスペンションは、高耐久で高反発のエアスプリングやコイルスプリングと、高速と低速の調整機能を持つ油圧式のダンパーを採用したものが多いです。

ロックアウト機能は、必要ありません。

トラベルは、140mmから160mm程度のものが一般的です。

スタンションの太さは、36mmから38mm程度のものが多いです。

アクスルは、高剛性の20mmのスルーアクスルが主流です。


Manitou R7 Pro自転車フォーク26 27.5インチマウンテンMTBエアバイクフォークマットブラックサスペンションPK Machete Marvel 2020 1560G (Color : Cone27.5black remote)

ダウンヒル(DH)

ダウンヒルは、急な下り坂やジャンプなどの障害物が多いコースを走るカテゴリーです。

ダウンヒルでは、衝撃吸収や安全性が重要です。

そのため、使用するサスペンションは、高耐久で高反発のコイルスプリングと、高速と低速の調整機能を持つ油圧式のダンパーを採用したものが多いです。

ロックアウト機能は、必要ありません。


27.5 29インチ自転車フォークManitou Marvel CompオイルおよびガスフォークSR空気圧フロントフォークサスペンションディスクブレーキ自転車部品 (Color : 27.5 straight)

トラベルは、180mm以上のものが一般的です。

スタンションの太さは、40mm以上のものが多いです。

アクスルは、高剛性の20mmのスルーアクスルが主流です。

次に、人気サスペンションメーカーの価格が近いモデルを比較します。


メーカーや価格の近いモデルの比較

マウンテンバイクのフロントサスペンションは、多くのメーカーやブランドから販売されています。

その中でも、特に有名で人気の高いメーカーは、FOX、ROCKSHOX、MANITOU、MARZOCCHIなどです。

これらのメーカーは、それぞれに独自の技術や特徴を持ったフロントサスペンションを提供しています。

ここでは、これらのメーカーの中から、価格や性能が近いモデルを比較してみます。

比較するモデルは、以下の通りです。

  • FOX 34 FLOAT SC Factory
  • ROCKSHOX SID SL Ultimate
  • MANITOU R7 Pro
  • MARZOCCHI Z2 Rail

これらのモデルは、すべて2023年モデルで、価格は約10万円前後です。

また、すべてエアスプリングと油圧ダンパーを採用しており、トラベルは100mmです。

FOX 34 FLOAT SC Factory


Fox Racing Shox 34 Float Sc 29 Fit4 リモート調整ファクトリーブーストフォーク シャイニーオレンジ 120mm 44mm レーキ

FOXは、アメリカのサスペンションメーカーで、高品質で高性能な製品を提供しています。

34 FLOAT SC Factoryは、FOXの最高級モデルで、クロスカントリーやトレイルに最適です。

このモデルは、軽量で剛性の高い34mmのスタンションと、高感度で高反応性のエアスプリングを採用しています。

また、ダンパーには、FOX独自のGRIP2テクノロジーを搭載しており、伸び側と縮み側の高速と低速のそれぞれに調整機能を持っています。

これにより、細かな路面の変化にも対応できます。

さらに、ロックアウト機能も備えており、ハンドルバーから操作できます。

このモデルは、重量が約1.5kgと軽く、操作性や快適性が高いです。

しかし、価格が約18万円と高く、メンテナンスが難しいです。


ROCKSHOX SID SL Ultimate


RockShox SID SL Ultimate Race Day サスペンションフォーク – 29インチ、100mm、15 x 110mm、44mmオフセット、グロスブルー、C1

ROCKSHOXは、アメリカのサスペンションメーカーで、世界的に有名で人気の高いブランドです。

SID SL Ultimateは、ROCKSHOXの最軽量モデルで、クロスカントリーに特化しています。

このモデルは、軽量で高剛性の32mmのスタンションと、高効率で高耐久のエアスプリングを採用しています。

また、ダンパーには、ROCKSHOX独自のチャージャー2.1テクノロジーを搭載しており、伸び側と縮み側の低速の調整機能を持っています。

これにより、走行中のペダリング効率やトラクションを向上させます。

さらに、ロックアウト機能も備えており、ハンドルバーから操作できます。

このモデルは、重量が約1.3kgと非常に軽く、軽快さやレスポンスが高いです。

しかし、価格が約17万円と高く、スタンションが細いため、大きな衝撃には弱いです。


MANITOU R7 Pro


Manitou R7 Pro自転車フォーク26 27.5インチマウンテンMTBエアバイクフォークマットブラックサスペンションPK Machete Marvel 2020 1560G (Color : 27.5 black Cone)

MANITOUは、アメリカのサスペンションメーカーで、独創的で革新的な製品を提供しています。

R7 Proは、MANITOUの中級モデルで、クロスカントリーやトレイルに適しています。

このモデルは、軽量で高剛性の34mmのスタンションと、高感度で高反発のエアスプリングを採用しています。

また、ダンパーには、MANITOU独自のABS+テクノロジーを搭載しており、伸び側と縮み側の低速の調整機能を持っています。


Marzocchi Bomber Z1 サスペンションフォーク 27.5インチ 180mm 15×110mm 44mm オフセット

これにより、路面の状況に応じてサスペンションの動きをコントロールできます。

さらに、ロックアウト機能も備えており、ハンドルバーから操作できます。

このモデルは、重量が約1.6kgとやや重いですが、価格が約10万円、コストパフォーマンスが高いです。

しかし、メンテナンスが難しく、部品の入手も困難です。


Marzocchi Bomber Z2 E-Optimized サスペンションフォーク – 27.5インチ、140mm、レールダンパー 15 x 110mm、44mmオフセット、マットブラック

MARZOCCHI Z2 Rail

Marzocchi Bomber Z2 E-Optimized サスペンションフォーク – 27.5インチ、140mm、レールダンパー 15 x 110mm、44mmオフセット、マットブラック

MARZOCCHIは、イタリアのサスペンションメーカーで、耐久性や信頼性の高い製品を提供しています。

Z2 Railは、MARZOCCHIのエントリーモデルで、トレイルやオールマウンテンに対応しています。

このモデルは、高剛性の34mmのスタンションと、高耐久のコイルスプリングを採用しています。

また、ダンパーには、FOXと共同開発したGRIPテクノロジーを搭載しており、伸び側と縮み側の低速の調整機能を持っています。

これにより、安定した走行ができます。

さらに、ロックアウト機能も備えており、ハンドルバーから操作できます。

このモデルは、重量が約2.1kgと重く、軽快さや操作性が低いです。

しかし、価格が約9万円と安く、メンテナンスも簡単です。

また、コイルスプリングは、路面の凹凸に対して柔軟に対応できます。


まとめ

マウンテンバイクのフロントサスペンションについて、基本的な構造、特徴や性能そして、メーカーや価格の近いモデルの比較について詳しく解説しました。

フロントサスペンションは、マウンテンバイクの性能や特徴に大きく影響する部分なので、自分の用途や好みに合ったものを選ぶことが重要です。

また、フロントサスペンションの種類や特徴は、マウンテンバイクのカテゴリーによって異なります。


Marzocchi Bomber DJサスペンションフォーク: 26インチ 100mm グリップダンパー 20 x 110mm 37mm オフセット レッド

自分の走るコースやスタイルに応じて、適切なサスペンションを選ぶことが大切です。

フロントサスペンションの選択は、価格や性能だけでなく、メンテナンスや部品の入手性なども考慮する必要があります。

フロントサスペンションは、自分のマウンテンバイクに合わせて、自分で交換や調整することができるパーツです。

しかし、交換や調整には、専用の工具や技術が必要です。

また、交換や調整によって、マウンテンバイクの性能や特徴が変わる可能性があります。

そのため、交換や調整をする前には、必ずメーカーや専門店の指示やアドバイスに従ってください。


Marzocchi Bomber Z1 29 コイル ブーストフォーク マットブラック 170mm 44mm オフセット

また、交換や調整をした後には、必ずテスト走行をして、サスペンションの動作や安全性を確認してください。

フロントサスペンションは、走行中に様々な衝撃や摩擦にさらされるので、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスには、清掃や注油、空気圧の調整、部品の交換などがあります。

メンテナンスの頻度や方法は、メーカーやモデルによって異なります。

そのため、メンテナンスをする前には、必ずメーカーや専門店の指示やアドバイスに従ってください。

また、メンテナンスをした後には、必ずテスト走行をして、サスペンションの動作や安全性を確認してください。


Marzocchi Bomber DJ サスペンションフォーク:26インチ、100mm、グリップダンパー、20 x 110mm、オフセット37mm ブラック

以上のように、フロントサスペンションはマウンテンバイクのカテゴリーによって様々です。

自分のライディングスタイルや目的に合わせて、適切なフロントサスペンションを選びマウンテンバイクの楽しみを広げてください。

最後まで、読んで頂き有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です