GARMIN Edge 25J


Garmin Edge25Jは、ガーミンのスタンダードに位置するモデルであり、日常ライドからレースやトレーニングを重視するライダーまで幅広く使用できる機能を備えています。

Garmin Edge25J を約1年使用してみての感想や電池交換の仕方について、紹介していきたいと思います。


ガーミン Edge 830 Bundle ブラック

スペック

Garmin Edge25J はEdgeシリーズでは最小サイズであり、低価格であるがGPS機能を搭載したモデルです。

ANT+のスピードセンサー、ケイデンスセンサーや心拍センサーと連動することが可能です。

心拍センサーと連動することで心拍数や心拍数ゾーンの記録、さらに心拍数からライド中の消費カロリーも計算します。

専用アプリ Garmin Connectで作成したコースをダウンロードすることで、サイコン画面に簡易マップを表示でき、現在地点やコースを外れていないか確認することができます。

コースを事前に設定する事で、目標の把握がしやすくなります。

また、サイクルコンピューターやガーミンのテールライト式レーダー・VARIAリアビューレーダーとも連携することが可能です。


ガーミン Edge 530 Bundle ブラック

サイズ:縦42mm×横40mm、厚さ17mm。

重量:約25g

価格:Edge® 25J ¥ 16,800 (税込 ¥ 18,480


GARMIN(ガーミン) Edge25J エッジ25J 370902 ブラック

良い点

走行中でも画面表示が見やすい。

GPSの精度が高く、走行したコースを正確にマップ上に記録できる。

スピード、ケイデンス、心拍等のセンサー接続がしやすい。

ANT+ 規格であれば、他社のセンサーが使用できる。

Edgeシリーズの上位モデルとマウントの形状が同じであるため、共有できる。


ガーミン Edge 530 本体のみ ブラック

不満な点

電源をONにしてから、GPSに接続するまでに1分前後の時間を要する。

フル充電でも8時間程度であり、バッテリー駆動時間が短い。

表示画面(1ページ)に最大3項目までしか表示できないため、他の表示を見たいときはボタン操作によりページ切替が必要になる。

心拍数の表示は、3ページ目と固定されていて変更できない。


ガーミン エッジ(Edge) 1030plus 日本版 スピード ケイデンス 心拍センサーセット タッチパネル GPS ブルートゥース(010-02424-60)

電池交換

Garmin サポートで電池交換にかかる費用は、Edge 25Jで ¥8,400(税込 ¥9,240)電池交換も修理扱いとなり、高く付いてしまいます。

自分で電池交換するには、壊してしまう可能性もあります。

使用電池(PD2430充電タイプのコイン型)を手に入れる事が出来れば、交換作業自体はさほど難しくはありません。

電池交換の手順についてまとめてみました。


GARMIN ガーミン エッジ(Edge) 130plus スピード ケイデンスセンサーセット GPS ブルートゥース(010-02385-13)

交換手順

カバーを開けるため、ビスを外します。

サイコン裏面に4箇所、トルクスビスで止めてあります。


ガーミン エッジ(Edge) 130plus 日本版 本体のみ GPS ブルートゥース(010-02385-05)

ビスは、T5サイズのトルクスドライバーで取外すことができます。

カバーを開けると基盤部分(表側、黒)と電池格納部(裏側、白)に分かれます。


REC-MOUNTS(レックマウント) Type19 Garmin コンボ マウント(下部アダプター付)+ キャットアイ ライトアダプターGP-CATHL2付(19-GM+GP/GP-CATHL2)

2つのパーツは、赤色のケーブルで繋れているため、切断しないようにゆっくりと開きます。

電池格納部(裏側、白) から電池を取り出します。

準備していた新しい電池と交換後、逆の手順で電池を格納してカバーを締めます。


Edge 530 本体のみ エッジ GPS サイクルコンピューター サイコン 道路地図 ペアリング ナビゲーション ロードバイク サイクリング 自転車 案内 トレーニング Garmin ガーミン

赤色のケーブルをカバーに挟まないように、十分注意しながら締めていきます。

最後にビスを4箇所取付け、トルクスドライバーで絞め込むと作業完了です。

充電後、起動すると初期設定画面となりまし。

しばらく待つと通常状態に戻ります。

前回までのアクティビティー履歴も残った状態で起動します。


Edge 1030 plus セット Garmin ガーミン

使用しての感想

通勤や通学、トレーニング等の日常ライドにおいては、使いにくさは感じる事はほとんどありません。

レースやロングライドで使用する場合は、GPS補足に1分前後の時間がかかる事、バッテリー駆動時間が短い点で不満が残りました。


【中古】ガーミン GARMIN エッジ25 EDGE25 サイクルコンピューター サイコン 日本語対応

GPS機能において定評のあるガーミンのモデルであることから、走行したコースを正確に記録してくれるため、GPSでは他社と比較しても一歩リードしていると感じました。

Garmin Edge シリーズの上位モデルをロングライドやレースで使用し、Garmin Edge25J を通勤、通学やトレーニング等、日常ライドをメインに使用する使い方がベストではないかと思いました。

この記事がサイコン選びの参考となれば幸です。


Garmin Edge 830/530 シリコンケース/カバー 耐衝撃 ガーミンエッジ ソフトケース/カバー サイクルコンピューター


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。