Garmin Edge 530


ガーミンは、航空、自動車、海洋、アウトドア、フィットネスなどさまざまな分野において製品、ソフトウェアーの開発をしているアメリカの企業です。

サイクルコンピューターでは、特にGPS機能において信頼性が高く、国内外の多くのプロチームが採用しています。

今回紹介するGarmin Edge500シリーズは、ガーミンのスタンダードモデルに位置する競技志向やトレーニング重視のライダーにおすすめのモデルです。


ガーミン Edge 530 本体のみ ブラック


ガーミン エッジ(Edge) 130plus 日本版 本体のみ GPS ブルートゥース(010-02385-05)

特徴

新型の高速CPU搭載により従来モデルよりも動作処理速度、ルート計算速度が大幅に向上。

地図データが採用となり、昭文社全国詳細道路地図(自転車道対応)2019年度版最新データがインストールされ、ナビ機能が大幅に向上。

新型のGPSチップによりGPS衛捕捉精度が向上。

BluetoothによるスマホとのペアリングやWi-Fi接続に対応。Wi-Fi設定をすることでWi-Fi受信エリアに入るだけで、自動で走行データがクラウドにアップロードされます。

センサーの受信においては、前モデルのEdge520ではANT+ 1種類の対応でしたが、Edge530からANT+、Bluetoothの両方に対応。

ヒルクライムをアシストするClimPro、バイクの盗難抑止に役立つバイクアラーム機能搭載。

彩度が49%向上した2.6インチカラーディスプレイにより、ライディング中の文字が見やすい。

画面タッチではなく、デバイス側面に配置されたボタン操作式のため、レースなど激しい走行時でも確実に操作が可能。

左側面
右側面

別売りの拡張バッテリーパックを仕様することで最大40時間の稼働が可能。

仕様

本体サイズ 50 x 82 x 20 mm
重量 75.8 g
ディスプレイ40 x 52 mm
解像度246 x 322(カラー)
使用電池充電式リチウムイオンバッテリー
稼働時間最大20時間
防水性能IPX7
水面下15cm~1mで、30分間水没しても内部に浸水することがないレベル。
GPS性能4衛星測位システム(GPS(GPS/みちびき(補完信号)/GLONASS/Galileo)
補完信号とはGPS衛星を増やしたのと同じ効果を発揮するため、測位時間が短縮できる。

ガーミン エッジ(Edge) 1030plus 日本版 スピード ケイデンス 心拍センサーセット タッチパネル GPS ブルートゥース(010-02424-60)

ナビゲーション機能

昭文社全国詳細道路地図(自転車道対応)2019年度版最新データが内蔵されており、詳細なナビゲーション機能を備えています。

目的地設定

ガーミンコネクトで作成したコースをデバイスに取り込めるほか、StravaなどGPXデータで作成したコースをUSB経由で取り込むことも可能です。

地図上で目的地を選ぶことで、自動でルート探索を行ってナビゲーションしてくれます。

一度走ったルート(アクティビティ)をそのままコースとして登録できます。


GARMIN スピードセンサーDual・ケイデンスセンサーDual セット 010-12845-10【GARMIN純正品】

リルート

ナビゲーション中にルートから外れた際にリルート(ルート再計算)してくれます。

回避ルート設定

設定コース上に有料道路など自転車走行に適さない道路を回避したコース設定も可能です。

急カーブアラート

走っている際中、急カーブが近づくとアラートで教えてくれます。


Edge 530 本体のみ エッジ GPS サイクルコンピューター サイコン 道路地図 ペアリング ナビゲーション ロードバイク サイクリング 自転車 案内 トレーニング Garmin ガーミン 【あす楽】

トーレーニングアシスト機能

マイデータからVO2MAX、FTP、トレーニングゾーン、パワーカーブなどを一覧で確認できます。

VO2MAX(最大酸素摂取量)自動計測

VO2 Maxとは、1分間に体重1キログラムあたりで消費される酸素量(ml/kg/分)です。一般的にVO2 Maxが高ければ、乳酸性閾値(運動中に筋肉に供給できる酸素)も高く、疲れずに長い距離が走れるとされています。

FTP:Functional Threshold Power(機能的作業閾値)計測

FTPとは、60分間の全力走行で維持できる最大パワーのことです。


ガーミン Edge 830 Bundle ブラック

各パラメーター表示

アクティビティデータから、低強度有酸素、高強度有酸素、無酸素の領域の割合を分類して表示したり、ユーザーが設定画面で値を決めることができるFTP値や最大心拍、安静時心拍を基に自動でデバイスが各トレーニングパラメーターの割り振りをしくれ表示することができます。

アクティビティ終了後、各トレーニングゾーンで活動した時間がグラフ表示ですぐに確認できます。

パワーセンサー(別売り)を使用することで、各時間ブロックごとの平均パワー値をグラフとワット数の一覧や期間ごとの統計データに切り替えて表示することも可能です。

CLIMB PRO

Garmin Connectで作成したコース上に山岳ルートがある場合、ルート上にある山岳ポイントの一覧表示やヒルクライム中に頂上までの残り距離に対する平均勾配をリアルタイムに表示してくれる機能です。

山岳ポイントの判断基準は、距離500メートル以上、平均勾配3%以上、上昇スコア(距離×平均勾配): 3500ポイント以上となります。

グラフ表示されるため、走行中でも先の地形状況がすぐに把握することができ、ペース配分に役立ちます。


GARMIN(ガーミン) Edge530用シリコンケース Black【正規輸入品】【GARMIN純正品】 小 010-12791-10

連携アプリ

Garmin Connect™ Mobile

ディバイスで取得した毎日のヘルスデータの表示や個人記録を管理、分析できるアプリです。

アプリで作成したワークアウト、コースをGarminに転送したり、Stravaなど運動系アプリとの同期ができます。

Insightsを使って、他のConnectユーザーと達成度の比較ができ、達成度に応じてご褒美のバッジを獲得できます。

また、ディバイスの機能に関するサポートを受けることも可能です。


ガーミン 液晶保護フィルム Edge530/830用 クリア M04-JPC10-03【GARMIN純正品】

Garmin Connect IQ

カスタマイズのためのテンプレートを提供してくれるアプリです。

走行時の表示画面を無料で提供されるテンプレートの中から、好きなものに変えたり、便利なプログラムを追加することができます。


ガーミン Edge 530 Bundle ブラック

まとめ

Garmin Edge 530について機能を中心に紹介しました。

サイクルコンピューターは、ガーミンだけでなく多くメーカーから販売されています。

数社のサイクルコンピュータを使用していますが、実際使ってみてガーミンのサイクルコンピューターがGPS性能、専用アプリ、画面のみやすさなど様々な点で機能が豊富で使いやすい印象です。

次回は、ディバイスの操作方法やライドしてみての感想を紹介したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。