ロードコンポーネントの特徴


ロードコンポーネントの製造をフルセットで行なっているメーカーはシマノ 、カンパニョーロ、スラムの3社です。

その3社メーカーのコンポーネントの特徴をグレード別に紹介していきます。

シマノの特徴

3社メーカーの中で比較すると価格が安く耐久性があり 、シフトチェンジの精度も高い。

グレードによる特徴

デュラエース > アルテグラ > 105 > ティアグラ > ソラ > クラリス

DURA-ACE(デュラエース)

リアが11速、軽量で耐久性、動作性が優れていてクオリティ(質感)が高い。

電動式(Di2) と機械式があり、ディスクブレーキとキャリパーブレーキでモデルが分かれている。

パワーメーター内蔵モデルも発売されている。


SHIMANO (シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100 コンポセット 【ロードバイク】

シマノ Dura-Ace 9100 Di2 172.5mm コンパクトグループセット

ULTEGRA(アルテグラ)

リアが11速、 電動式(Di2)と 機械式がある。

軽量かつ高性能でデュラエースに比べて価格が半分以下であり、 コストパフォーマンスに優れている。

一般ユーザーに人気のグレードである。

105(イチマルゴ)

リアが11速、上位2機種に比べ重量はやや重くなっている。

耐久性、ブレーキの制動力、変速性能が良く、レースにも十分対応できるモデルである。

TIAGRA(ティアグラ)

エントリーモデルのロードバイクに標準装備されていることが多い。

リアが10速であるため、上位グレートと互換性がない。

105との価格差がそこまで大きくないため、105を選ぶユーザーも多い。

このグレードから上位グレートとブレーキ構造が異なるため、制動力が落ちる。

SORA(ソラ)

リアは9速、上位グレードと比べ変速性能が少し落ちるため、定期的にディレイラー調整やメンテナンスが必要。

ロングライド、ポタリングを楽しむには、十分な性能を持っている。

CLARIS(クラリス)

リヤは8速、ディレーラーの精度、耐久性に劣るがロードバイクの良さは十分に体感できるモデルである。


カンパニョーロの特徴

見た目が美しく高級感があり、カッコよさはピカイチ。

3社メーカーの中で 比べると重量が全体的に軽い。

シフターが握りやすく、変速のスイッチ操作、ブレーキ性能が良いことで定評がある。


Campagnolo Super Record 12 Speed Group 2018-19 グループセット 6 Pc 170 39/53 クランクセット

グレードによる特徴

スーパーレコード > レコード > コーラス > ポテンツァ > ケンタウル


Campagnolo Super Record 12スピードグループ 2018-19 グループセット 6個 172.5 34/50 クランク

SUPER RECORD(スーパーレコード)

リアが12速、基本的な素材がカーボンであり超軽量。

リアディレイラーのプーリーにセラミックボールベアリングが標準で装備されている。

シビヤなパーツが使われているため、定期的なメンテナンスが必要。

RECORD(レコード)

リアが12速、 デザインも高級感があり上質な仕上となっている。

フロントディレイラーのガイド部分がチタンでできているなど耐久性に優れている。

ガンガン走っても大丈夫なハイグレードコンポです。

CHORUS(コーラス)

リアが12速、上位グレードと比べて、変速性能に大差はないが、重量はやや重い 。

一部にカーボン素材 (クランク、シフター、リアディレイラー) が使われている。

コストパフォーマンスに優れている。

POTENZA(ポテンツァ)

2016年に発表された新しいコンポーネントです。

リアが11速、上位グレードと変速性能に大差はない。

重量、価格はシマノアルテグラと同程度でありコストパフォーマンスに優れている。

アルミ素材が中心でカーボン素材は使われていません。


Campagnolo 2018 ポテンザ シルバー 11 SPD 6 PC グループ 170 mm 36/52 クランクセット

CENTAUR (ケンタウル)

2017年にリリースされた新型モデルです。

リアが11速、 基本素材がアルミニウムで構成されており、カーボン強化樹脂を併用させることで軽量化を実現している。

フロントディレイラーのガイド部分はスチール製で耐久性重視となっている。


Campagnolo 2018 Centaur 11 Speed 6 PC グループセット 172.5 36/52 クランクセット シルバー

スラムの特徴

近年、他メーカーより早く無線電動式コンポーネント eTAP (イータップ) を採用するなど、最新技術を導入しているブランドである。

マウンテンバイクやシクロクロス向けに開発されたフロントシングル×多段ワイドギヤ(リア)をロードバイクコンポに採用したモデルを発売している。

シフト操作がダブルタップテクノロジーにより、直感的なシフト操作が可能である。

グレードによる特徴

レッド > フォース > ライバル > アペックス

RED (レッド)

電動式Red Force eTAP (イータップ) はリアが12速、機械式Redはリア11速、機械式は重量が3社コンポーネントの中で最軽量だ。

カセットスプロケットのトップとロー以外を一塊の材料から作り出す事で、軽量でありながら剛性を高めている。

FORCE (フォース)

電動式Force Force eTAP (イータップ) はリアが12速、機械式Forceはリア11速、 機械式はシマノのアルテグラより軽く軽量であり、クランクセットは剛性が高いことでレーサーに人気である。

2020年2月、 Force eTAP (イータップ)が発売されたことで注目を浴びている。


SRAM Force 22 Groupset 2×11 Speed Groupset Kit 6 piece #SY3421-self

RIVAL (ライバル)

リアが11速、シクロクロスでの使用を視野に入れた、「フロントシングルギヤ×リヤ多段ワイドギヤ用モデル、Rival1(ライバル1)が用意されている。

軽量であり、価格も抑えられたコストパフォーマンスの良いモデルである。

APEX (アペックス)

リアが10速、上位グレードに比べて耐久性が劣る。

ライバルと同様にフロントシングルギヤ×リヤ多段ワイドギヤ用モデル、Apex1(アペックス1)が用意されている。


SRAM APEX 1 1×11 Spd Groupset W/Sunrace CSMS8 11-46T Cassette,Trigger Shifter 6pcs #SY3525(CSMS8 11-46T)-self (165)

3社メーカーコンポーネント比較表

スプロケットの歯数によって、重量と価格は若干変わります。

価格はすべて(税抜き)です。

電動式

シマノ カンパニョーロ スラム
デュラエース-R9150 Di2
2×11s
リム
重量1,979g
¥357,869
スーパーレコード EPS
2×12s
リム
重量2,255g
¥ 597,500
レッドイータップアクセス
2×12s
リム
重量2,254g
¥ 288,144
デュラエース-R9170 Di2
2×11s
ディスク
重量2,490g
¥ 386,261
スーパーレコード EPS
2×12s
ディスク
重量2,505g
¥ 645,250
レッドイータップアクセス
2×12s
ディスク
重量2,518g
¥359,640
アルテグラ-R8050 Di2
2×11s
リム
重量2,246g
¥ 192,559
レコードEPS
2×12s
リム/ディスク
重量1,950g
¥ 397,400
フォースイータップアクセス
2×12s
リム
重量2,453g
¥ 220,200
アルテグラ-R8070 Di2
2×11s
ディスク
重量 -g
¥ 223,340
フォースイータップアクセス
2×12s
ディスク
重量2,812g
¥ 266,800
   ― コーラスEPS
2×12s
リム/ディスク
重量2,138g
¥ 265,000
    ―

機械式

シマノカンパニョーロスラム
デュラエース-R9100
2×11s
リム
重量1,961g
¥ 219,685
スーパーレコード
2×12s
リム
重量2,041g
¥ 392,600
レッド22
2×11s
リム/ディスク
重量1,710g
¥ 273,810
デュラエース-R9120
2×11s
ディスク
重量2,482g
¥ 248,243
スーパーレコード
2×12s
ディスク
重量2,323g
¥ 465,480
アルテグラ-R8000
2×11s
リム
重量2,313g
¥ 105,625
レコード
2×12s
リム
重量2,213g
¥ 266,000
フォース1
1×11s
リム/ディスク
重量1,805g
¥ 150,000
アルテグラ-R8020
2×11s
ディスク
重量-g
¥ 135,512
レコード
2×12s
ディスク
重量2,453g
¥ 324,400
フォース22
2×11s
リム/ディスク
重量2,021g
¥ 149,780
105-R7000
2×11s
リム
重量2,438g
¥ 67,986
コーラス
2×12s
リム
重量2,333g
¥ 172,400
ライバル1
1×11s
リム/ディスク
重量2,215g
¥ 90,000
105-R7020
2×11s
ディスク
重量-g
¥ 95,889
コーラス
2×12s
ディスク
重量2,631g
¥ 190,700
ライバル22
2×11s
リム/ディスク
重量2,268g
¥ 8,810   
ティアグラ-R4700
2×10s
リム
重量2,714g
¥ 57,943
ポテンツァ
2×11s
リム/ディスク
重量2,326g
¥ 117,400
アペックス1
1×11s
重量2,339g
¥ 65,000
ティアグラ-R4720
2×10s
ディスク
重量-g
¥ 79,402
 ―アペックス
2×11s
重量2,358g
¥ 77,590
ソラ-R3000
2×9s
重量-g
¥ 50,451
ケンタウル
2×11s
重量2,484g
¥ 84,200
     ―
クラリス-R2000
2×8s
重量-g
¥ 39,406
     ―

◆◆【中古】ピナレロ PINARELLO ドグマ F8 DOGMA F8 DURA-ACE Di2 2016年 53サイズ カーボン ロードバイク 11速 RHINO TEAM SKY


◆◆【中古】ピナレロ PINARELLO ドグマ F8 DOGMA F8 DURA-ACE Di2 2015年 515サイズ カーボン ロードバイク 11速 デュラエース 黒

まとめ

ロードコンポーネント3社メーカーについて、グレード別に紹介してきました。

スラム Red eTAP を皮切りに12速コンポーネント化が進みはじめ現在は、ロードレースにおいても使用されています。

段数が多くなることで細かいシフトチェンジが可能となり、レースにおいては段数の違いが勝敗を決める大きな要素にもなります。


ロードバイク ピナレロ DOGMA60.1 2010 中古

一般ユーザーにとってもロングライドやヒルクライム時の足への負担軽減など段数が多いことによるメリットは多いといえます。

デザイン、機能、使用目的、予算にあったコンポーネントを選び自転車ライフをさらに楽しいものとしてください。

この記事がコンポーネント選びの参考となれば幸です。


Bianchi (ビアンキ) ロードバイク VIA NIRONE 7 SORA (ニローネ ソラ) 2020モデル (5C-Black/Graph-Red Full Glossy) 46サイズ / ブラック・レッド


Bianchi (ビアンキ) ロードバイク ARIA 105 (アリア) 2019モデル (チェレステ / CK16) 50サイズ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。