フロントディレーラー(FD)交換


FD-4500(ティアグラ)から

FD-5801(105)に交換をしました。

FD-5801

特徴

デュラエースFD-R9100やアルテグラFD-R8000シリーズと同様にケーブルアジャスト機能がフロントディレーラー内に搭載された。

トグル機構(手この原理の一種)の採用で動作完了に近づくにつれて出力がアップする。

それにより、FD(左手側)のシフト動作が軽く感じられるようになった。

FDにワイヤーの張りを確認できるインジケーターが付いたことで、ワイヤー張りの作業が楽になった。

使用工具

5mmアーレンキー

フロントディレーラー取外(バンド式)

まず始め、チェーンを取外します。

チェーンの取外し方法は、リアディレーラー(RD)交換を参考にしてください。

次に、5mmアーレンキー(左回転)でシフトワイヤーを取外す。

ワイヤー取外し後、5mmアーレンキー(左回転)で固定バンドを取外します。

バンドを広げて、フレームからフロントディレーラーを取外せば完了です。


フロントディレイラー取付(バンド式)

アウターギアーとチェーンガイドプレートが平行になるようセットします。

赤色シールでアウターギアーと外ガイドプレートとの隙間を0~2mmに合わせます。

設定した位置を動かさないようにアーレンキー(右回転)で固定し取付けます。

シフトワイヤー取付

FD-5801の場合、シフトワイヤーの取り回し方が変わるため、ワイヤーが少し長めに必要になります。

長さが足らなければ、新しいワイヤーへの交換をお勧めします。

適正にワイヤーが張れていれば、フロントギアーをアウターに入れたとき、インジケーターの白ラインが一直線上になります。

トリム調節

チェーン位置がフロント × リアで①②の場合

①アウター × ロー ・・・・ガイドプレート内側の隙間を0~0.5mmにトップ側トリムで調節する。

②インナー × トップ ・・・ガイドプレート外側の隙間を0~0.1mmにロー側トリムで調節する。

F-5801から新しくチェーンガイドプレート内側の両方にスキッドプレートが取付られたため、チェーン接触による音鳴りを軽減できるようになった。

トリム調節まで終われば、取付完了です。


まとめ

交換後、走行して一番に感じた事は、シフトチェンジの軽さだ。

従来のFDだとシフトレバーを押し込まなければ、変速がスムーズに変わらなかった。

FD-5801は、シフトレバーに始め少し力を加えるだけで、スムーズに変速してくれる。

インジケーターが付いたことで、適正な強さでワイヤーを張ることが楽に出来るようになった。

正確にかつ簡単にトリム調節が可能になったことで、チェーンの脱落の心配がなくなった。

また、新旧11速クランク全てと互換性があります。

フロントディレーラーは、低価格で交換できるパーツであり、交換することで大きな変化を感じられます。

是非、フロントディレイラーをカスタマイズにしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。