バーテープ交換


バーテープとは

自転車のハンドル(ドロップ、ブルーホーン)に巻くことで、走行時の滑り止、クッションとして使われるテープ。

種類

コットン、コルク、革製、EVA、ポリウレタン、デュアルソフトポリマー(DSP)、マイクロテックス、ジェルなどがある。

厚さ

厚さ範囲は、2mm~4mm程度です。

薄いと握りやすいが、衝撃吸収性が下がる。

厚いと握りにくいが、衝撃吸収性が増す。

通勤、通学など普段使用することが多い場合は、2mm~3mm程度。

ロングライドなど長時間乗る場合は、3mm以上をおすすめします。


使用工具

ハサミ


バーテープ取外

はじめに、古いバーテープを外します。

接着式のバーテープを使用している場合、取外し時にCRC(クレ556等)をテープとハンドルバーの隙間にスプレーする事で、綺麗に剥がす事ができます。


バーテープの取付

私が購入したEVA製バーテープ。

クッション製が高く、豊富なカラーバリエーションがあります。

粘着材が無いタイプであるため、巻き直しができ初心者におおすすめです。

 


巻き付け前の下準備

 

ブレーキ、シフトのアウターケーブルをハンドルにビニールテープで固定します。

 

 

STIの取付金具に短くカットしたバーテープを貼り付けておきます。

こうすることで隙間なく綺麗に巻くことが出来ます。


右ハンドルの巻き付け

 

巻き始めは、バーエンドにテープ幅の1/3~ 半分ぐらいをあまらして重ねます。

テープが1/3程度重さなるように、左回転(フレームに対して外側から内側)に巻いていきます。

 

STIの下まで巻いたら、STIをかわすかたちで上側にかけます。

 

裏から見たらこんな感じで巻き付けます。

 

一度、STI下側に戻り、1回転巻き付けます。

 

下側を巻き付けた後、STI上側に戻り、必要箇所まで巻き付けます。

先端部分は、はさみで斜めにカットします。

こうする事で巻き終わりが、綺麗に仕上がります。

 

最後に付属のエンドテープを巻いて、バーテープを固定します。

 

巻き付け完了。


左ハンドルの巻き付け

 

左ハンドルは、右回転(フレームに対して外側から内側)に巻き付けます。

巻く回転方向は、右ハンドルと逆になります。

巻き方の手順は、右ハンドルと同じ要領です。

 

まとめ

バーテープは、各メーカーによって様々な色や材質のテープが販売されています。

自転車の用途にあわせてバーテープを選ぶことで、自分に合った乗りやすい自転車にする事ができます。

巻きつけの回転方向は、自転車のフレームに対して、外側から内側に巻きます。

そのため、左右のハンドルでは、逆回転になります。

交換時期は、使用頻度にもよりますが、年2~3回ぐらい交換することをおすすめします。

バーテープは、交換することで簡単に違った印象のバイクにカスタマイズ出来きるアイテムの1つです。

是非、このブログを参考に、バーテープ交換に挑戦してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。