自転車タイヤ交換


使用工具

タイヤレバー、空気入れ


タイヤ脱着


タイヤ取外

タイヤレバーをタイヤとホイールの間に差し込み、スポークに引っ掛け固定します。

固定したタイヤレバーの近くにもう一本のタイヤレバーを差し込み、タイヤを回しながら少しずつ、タイヤの片側をホイールの外に出していきます。

タイヤの片側を全て出し終われば、最初、チューブバルブをホイールから抜き取りその後、チューブを傷めないよう慎重に全て引張り出します。

タイヤを引張り、タイヤをホイールから外します。

すべて取り外したら完了です。


タイヤ取付

タイヤの片側をホイールの溝に全て入れます。

後輪や,用ホイールは、ホイールの回転方向が決まっているため、ホイールの回転方向とタイヤの回転方向が同じであることを取り付け前に確認しておく。

ホイールのバルブ穴にチューブバルブを差し込みます。

この時、タイヤがホイールに入っていない方から差し込みます。

チューブを全てタイヤの溝にはめ込みます。

ホイールに入っていないタイヤの片側を全て入れ込みます。

入れにくい場合は、入れ終った箇所のタイヤをホイールに押さえつけます。

そのまま、入れにくい個所まで押さえつけながら回していくと入れ易くなります。

バルブナットを最後まで締めこみます。

ホイールとタイヤの間にチューブが挟まっていないか確認してから空気を入れるようにします。

挟まった状態で空気を入れるとパンクしますので注意してください。

これで完了です。


2件のコメント

  1. Howdy! I’m at work browsing your blog from my new iphone!
    Just wanted to say I love reading your blog and look forward to all
    your posts! Carry on the excellent work!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。